人気ブログランキング |
ブログトップ

堂本陶工房 日記

domoto01.exblog.jp

<   2012年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

愉戦苦闘

今日からいよいよ通訳無しで作業開始です。

前日に使った土が、半磁器みたいな土でして、まだ作り易かったのですが、
これを使いなさいと指定された土がほとんど磁器土。

少しピンク色なのですが凄く引き難い。

前の土では駄目なのかと、聞いてみても駄目と言われるばかり。
全然通じないので、通訳さんに電話して、事情を説明してもらうと、

色目が違うので駄目との事でした。

釉薬の乗りも違うので、素直に従うしかありません。

一個引きと言う作り方でずっとやって来たので、
それだと腰が無さすぎて、板に移す際に変形してしまいます。

午前中はそんな感じでずっと悪戦苦闘してました。

お昼は昨日と同じフォー屋です。

そこの親父となんとなく会話、他のお客さんも絵付けをしてるんだよ
と教えてくれたので、携帯の写真を見せたり、
現地の竹で出来たキセル見たいな物でタバコを吸わせて貰ったり(葉巻の味でした)

帰り道お馬さんに遭遇

b0142303_23224538.jpg


昼から気を取り直して山作りに変更。

山作りで引く事など機会が無いので、これまた悪戦苦闘
しっ引き用の糸なんて用意してなかったので、上手く水平に切れません。

それでもなんとか作れるように成って来て、そしたら女将さんのチェックが入ります。

お前のロクロは薄過ぎる。もっと厚く引けと言われます。

それでは歪むよと、通り過ぎる従業員達もずっとそればっかり。

普通薄く引けと言われるのにね~

前に座ってずっと見られながらロクロを引くのはかなり緊張します。
まるで日本代表なので、下手なことは出来ません。

前の会社で初めて入った頃を思い出します。

変に格好つけないで、真剣に取り組まないと駄目ですね。

あと10年早く来たかったなと思いました。

帰りのバスの風景。

b0142303_23313927.jpg


それでも何だか皆と仕事するのはやっぱり楽しい。

時計を指差して、残業大変ねとか、横の人がゆびさし手帳に夢中なので、
こいつ仕事しなくて大丈夫なの?とか。

手付けに手間取ってると、そっとコツを教えてくれたり。

Ipodも持って行きましたがV-POPが流れてるので、
そっちを聴いてる方が、楽しかったり。

帰りのバスで色々思い出しながら揺られてました。

これは辞書がいるなと思って、地元の学生の子に(ホアさん)
辞書を売ってる所を教えてと連絡すると、
今使ってないのがあるのであげると、わざわざ持って来てくれました。

b0142303_23424588.jpg

凄い彼女はこれで勉強したんだろうなと思うと、泣けてきます。

ちゃんとこの恩は返さないと駄目ですね。

ちょっとプライドとノルマを忘れて、楽しまなくては。

その思いが器に出ればよいな。
by spank01 | 2012-06-12 23:49 | ベトナム支店

緊張の初日

昨日は複雑な思いで床につきましたが、いよいよ初日です。

受け入れてくれる会社がどれ位の気持ちなのか、
分からぬままタクシーで向かいました。

着いてから、手探りで商談に入ります。

早口のベトナム語を聞いてるとまるで怒られてる気分で、
何度も通訳さんに怒ってるの?と聞いてみたり(笑)

それでもようやくお互いの落とし所が決まって、
一応商談成立。

丁度お昼でしたので、近くのフォーのお店に行きました。

二件並んでフォーとブンチャーのお店があって、半強制的に
僕の昼飯はそのどちらかですね。

b0142303_2316855.jpg


その後、自分のブースを整えて昼から作業開始。

b0142303_23173615.jpg


と行きたかったのですが、、、

案の定土が軟らかい。
やわらか過ぎてロクロが引けません。

しかももっと厚く引けと、注意されます。

仕方が無いので、ある程度土を乾かす為、
本格的な作業は明日からとなりました。

他の人たちの作業風景です。

b0142303_2321986.jpg


b0142303_23213897.jpg


b0142303_232272.jpg


皆若い人達ばかりで、真面目に働いてますよ。

僕もやっと本領発揮と言うか、今までマネージメントに追われてて
やっとこれから作品を作れると思うとワクワクします。

それにしても言葉が通じない。

聞けば工房で英語をしゃべれる人は一人も居ないとか、、、
それでも工員の人たちは何だか受け入れてくれてる見たいでホッとしました。

早めに切り上げて、夜はツイッターで知り合った方と食事に行ってきました。
なんでも旅行会社勤務との事で、もうハノイは10年になるそうです。

バシッとスーツを着た方でしたが、話を聞けば一つ下、、、
インド料理に連れてって貰いました。

b0142303_2330373.jpg

この方はバンド活動をハノイで積極的にされてると言うことで、
丁度日曜日にライブがあるので、観に行きたいと思っています。

昨日とは違って、かなり軽い気分で明日から通えそうです。
あとは作るだけ、良い物が出来るかどうか?

これだけお膳立てが出来たのだから、絶対がんばるぞ!

あと、ベトナムと言えば果物天国。
今が旬の生ライチ。

美味しく頂いてます。

b0142303_23332023.jpg

by spank01 | 2012-06-11 23:35 | ベトナム支店

準備は整った!

今日は2日目。

二組の方に逢う予定でした。

一組目が僕のベトナム語の先生ビンさんが紹介してくれた、
現地の方で学生の二人。

ホアさんとクインさんです。

ホアさんはビンさんと金沢大学で一緒だったとの事で、
今回の僕のベトナム行きをサポートしてくれるとの事でした。

主に買い物や生活で不自由な事を助けてもらう事になりそうです。
早速旧市街を歩きながら、一番懸念していた、梱包材料屋を発見。

無理かなと思っていたダンボールやエアキャップも無事手に入りそうです。

旧市街で有目なリトルハノイにて、ランチを頂きました。

b0142303_1484956.jpg


しかしあれですね、こんなおっさんに献身的に接して頂いて本当に感謝です。

ちなみにクインさんはどうも嵐が大変好きらしく、
その話になると顔色がパッと明るくなるほどでした(笑)

道具はこれで大体そろって、次は通訳です。

明日は初日と言うのもあって、
僕がお世話になるミンワンセラミックさんと金額交渉。

お昼に二人に電話してもらったのですが、どうもいまいち感触が良くない。
やっぱり文章やメールでは埒があかなくて、具体的な話は明日にかかっているのです。


そこで、前回知り合った日本人三浦さんに、通訳をしてもらえる方を紹介して頂きました。

ザーラムと言う僕の泊まってるホテルから少し行った所の町に住んでる、
ワインさんご夫婦、旦那さんは軍人さんで、奥さんは日系企業に勤めているらしいです。

夜はせっかくとの事で、夕食をよばれました。

b0142303_1561120.jpg


いや本当に良かった。
なかなか、ローカルな家庭にお邪魔する機会は無いですからね。

クエンさんは7年日本に住んでいたとかで、流石に日本語も達者です。
もう一方友人ご夫婦も来られていて、旦那さんは建築業。
駄目もとで、石膏を売ってる場所を聞いたら知ってるとの事!!!

一番あったら良いなと思っていた石膏がなんと現地で手に入ります!!

これで飛躍的に仕事の幅が広がりますね。

奥さんはイナックスにお勤めで、石膏の話しをしたら、すぐ理解してくれました。

本当に今回の旅は薄氷を踏むような状態を、薄いつながりでなんとか乗り越えてる感じです。

正直ここまでの段取りだけで頭が一杯で、まだまだ作品のデザインなどは、
考える余裕も無かったのですが、明日の交渉が上手く行けば、
やっとスタート、いよいよベトナムでの作陶が始まります。

日にちがあんまり無いですが、出来る限りの事はして帰るぞ!!

そして今回も素敵な出会いに感謝です。
by spank01 | 2012-06-11 02:11 | ベトナム支店

ハノイに着きました

ハノイに着きました。

空港でタクシー捜すのも、去年はビビってましたが、もう手馴れたもんです。
両替所も一番レートの良い店を探して換金。

2時にホテルにチェックインしたあと、街中をブラブラ散策です。

どれだけ暑いかと心配していましたが、大丈夫日本の真夏よりはましですね。

それにしても湿度が高くて、カメラのレンズが曇ります。

b0142303_8492480.jpg


同じ旧市街でも前回来た時とは微妙に違うので、
取り合えず、馴染みに出来そうなお店を探さなくては。

ローカルの路上飲み屋(ビアホイ)は多いのですが、
なかなかコンビニみたいなお店は無くて、うろうろしてたら迷子になりそうです。

夕方、前回通訳してくれた子達と待ち合わせて、海鮮レストランへ
b0142303_8542047.jpg


彼女達はこの6月に卒業で、来週から日本の企業で働くそうです。
もう一人は10月に日本に留学するそうで、上手く行けば埼玉での個展を見に来てもらえるかも?
b0142303_8591361.jpg

雨の振る中、颯爽とバイクで帰って行きました。


僕の仕事始めは月曜日からなので、今日は身の回りのものを買いに行ってきます。
by spank01 | 2012-06-10 08:59 | ベトナム支店

Cảm ơn giáo viên

今日は最後のベトナム語教室でした。

以前からビン先生に週一で三ヶ月ベトナム語を習って来ましたが、
流石に一からだと何から教わればよいのか?

お互い手探りで、献身的に授業して頂きました。
最後の授業は互い少しウルウル。

逆の立場なら、本当に僕はそんなにも付き合いきれないでしょうね。

才女な彼女は、研究機関に勤めていて、この秋からは大学にて博士号を取る為に
通い始めるそうです。

ベトナムの準備と普段の仕事と、バタバタした日々が続き
気が付けばあと5日でベトナムです。

思えば一年以上、ずっと心にベトナムがありました。
ベトナムで焼き物を作って見たい。

ふと思ったその事が、やっと現実になろうとしています。

最後に Cảm ơn giáo viên Tôi sẽ đi

先生へ
by spank01 | 2012-06-04 23:08 | ベトナム支店