ブログトップ

堂本陶工房 日記

domoto01.exblog.jp

貴方はどっち?

今日は愚痴ります!

この連休信楽では陶器祭りが開催されています。
もちろん僕も毎年出してますし、
楽しみにされているお客さんも沢山いてくれます。

今年は何の告知もしなかったのは訳がありました。

ココから愚痴です。

ブログにあまりネガティブな事は書きたくありません。
それでも、やっぱり愚痴りたい時もある、だから今日は書きます。


さて、信楽の陶器祭りには大きく分けて二つ会場があります。

商業組合が主催している駅前陶器市と、
陶芸の森が主催しているセラミックアートマーケット。

主に駅前は問屋が出展してまして、量産品を安売りしているイメージです。
陶芸の森は若手の作家を中心に、手作りの器が多く出展されています。

僕も以前は陶芸の森に出展していましたが、
個人でやっていても、毎日作っているとB品が出ます。
捨てるのは忍びないので、数年前から駅前でB品も販売する事にしました。

3年前から両方で出展していたのです。

どうも駅前の組合の方から言わせると、
森に出すのは宜しくないとの事です。
理屈としては、道路警備、駐車場の確保、ポスター作り、
祭りの運営には様々な経費と労力がかかります。
その努力の上に成り立っている祭りに、
森の作家達はタダ乗りしてるのが宜しくないらしいです。

したがって、
駅前に出展する者はセラミックアートに出すなとお達しがありました。

セラミックアートの申し込みが終わった後です。

僕達は年間のスケジュールを随分前倒しで進めて行きます。
実際今取り掛かっているのは来年2月~3月のスケジュール調整です。

急に言われても対応出来る訳も無く、
無理を承知で嫁名義で森に出展しました。

バレたら即時撤退してくれと商組に言われてましたが、
案の定今日バレて、次回からの駅前出展は禁止という事になりました。
黙って出したのは僕が悪かったです。

しかし誰の為のルールなんだろう?来るお客さんには関係の無い事。
A品も勿論ですけどB品だって楽しみに買いに来てるお客さんもいる。
森の展示はここ数年で飛躍的に良くなりました。
駅前だって努力すれば、もっと良くなり
お客さんにももっと満足してもらえるはず。
ちなみに陶芸の森はW出展OKとの事でした。

どちらが良いとかダメとか言う前に、お客さんの事を考えたら?
信楽に来るお客さんには、渋滞が凄いとか、食べる所がないとか、
不便をかけてる所も多々ある。
そう言った祭り全体の事を皆で考えるには、
地元の問屋と作家が協力しないと無理でしょう。

縄張り争いじゃなくて。

大体、作家が物を作らないと、問屋は何処から仕入れるの?
僕たちの周りでも問屋仕事を嫌う人は多い。
信楽に住んでいながら、信楽では物を売らない現実がある。

そんな溝が、埋まる日が来る事はない。

最後に、夜中に書いたラブレターみたいな物で、
後日読んだら赤面しそうです。
[PR]
by spank01 | 2011-10-09 22:38 | 工房日記
<< 第2回ロハスフェスタin東京 Madu巡回展のお知らせ。 >>