ブログトップ

堂本陶工房 日記

domoto01.exblog.jp

シーラカンスその2

取り寄せたフィギアを基に制作を進めます。

特に顔の部分は大幅に修正。

石粉粘土は、紙粘土と違って固まった後から削ったり、
盛り直したりが作業しやすいです。

しかも凄く滑らかで、繊細な表現もしやすい。

b0142303_1721184.jpg


他の作品なんかでは、凄く怖い表情と言うか古代魚らしさを強調してる気がして、
なるべくナチュラルに、怖くならないように心がけて作りました。

目の位置が難しくて、一ミリ変えるだけで表情が全然変わります。

b0142303_17231767.jpg


ベースのサフェーサーを吹いて乾燥中。

この後下地の色を乗せてから細かく着色していきますが、

目はクリアーパーツを作るか?色々試して見ます。


しかし、陶器を作って、息抜きでシーラカンス作って、
寝てる以外は、ほぼ何か作ってますね。
[PR]
by spank01 | 2010-06-26 17:27 | 工房日記
<< シーラカンスその3 シーラカンス想う >>