ブログトップ

堂本陶工房 日記

domoto01.exblog.jp

<   2010年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

シーラカンスその2

取り寄せたフィギアを基に制作を進めます。

特に顔の部分は大幅に修正。

石粉粘土は、紙粘土と違って固まった後から削ったり、
盛り直したりが作業しやすいです。

しかも凄く滑らかで、繊細な表現もしやすい。

b0142303_1721184.jpg


他の作品なんかでは、凄く怖い表情と言うか古代魚らしさを強調してる気がして、
なるべくナチュラルに、怖くならないように心がけて作りました。

目の位置が難しくて、一ミリ変えるだけで表情が全然変わります。

b0142303_17231767.jpg


ベースのサフェーサーを吹いて乾燥中。

この後下地の色を乗せてから細かく着色していきますが、

目はクリアーパーツを作るか?色々試して見ます。


しかし、陶器を作って、息抜きでシーラカンス作って、
寝てる以外は、ほぼ何か作ってますね。
[PR]
by spank01 | 2010-06-26 17:27 | 工房日記

シーラカンス想う

井村さんのワークショップ以降、どうもクラフト熱に火が付いて、

作りたいと言う衝動から、とりあえず石粉粘土で作ってます。

b0142303_20262039.jpg


魚が特別好きという訳では無いですが、シーラカンスは昔から大好きで
(たぶん井村さんの影響)今まで何度か陶器でも作ったりしましたが、
いかんせんクオリティーが低い。

何故かと言えば、大きい作品を作ってしまうからで、どうしても形が甘くなります。
(前に作った奴は1.2m程ありました)


気持ちとしては掌の中で出来てしまう物は、その作り安さから、勢いが無くなる気がして、
重量や重力と格闘しながら勢いで作る方が、それなりの説得力があると思っていましたが、
今回は作品というより、ただ単に作りたかったから、このサイズが丁度良いです。

それにしても鯉みたい。

今まで実物を見た事が無いので、
想像だけではどうしても既存の魚に似てきてしいますね。

そこでネットで調べたら、サファリと言うメーカーから、
シーラカンスのフィギアが発売されていました。

b0142303_20365158.jpg


やっぱり全然違いますね。

これでなんとか修正出来そう。

しかしこの後仕上がって、色を塗るか?型取りして陶器で作るか?

何も考えてません。

先ずは完璧な原型を作るのが先だろうと思います。

完成よりも、作る過程がとても楽しいのです。
[PR]
by spank01 | 2010-06-24 20:49 | 工房日記

ワークショップ

釣りの次の日は、井村隆氏の個展を観に、
大阪長居にあるギャラリーへ行きました。

井村先生は7月から「瀬戸内国際芸術祭2010」と言うイベントに出展予定で、
瀬戸内海の男島で展示予定です。

b0142303_11453237.jpg
b0142303_11454589.jpg


今回ワークショップにも参加しまして、カラクリンを作ってきました。

b0142303_1147849.jpg


普段ペンチやハンダゴテなんか使った事の無い人には難しい作業ですね。

何より、キットを組み上げた後、本体を銅線でデザインしていく作業は、
初めからある程度、考えておかないとかなり悩みます。

何となく、船か潜水艦を作ろうと思っていたのですが、
無難な物が出来上がりました。

b0142303_11504227.jpg


夏休みの工作気分で、とても楽しかったです。

子供はきっと喜ぶだろうな。
[PR]
by spank01 | 2010-06-14 11:53 | お出かけ日記

加太港再会

週末、和歌山県加太に釣りに行って来ました。

船に乗っての海釣りで、もちろん初めて。

クーラーボックスさえあれば、後は全てレンタル出来るらしいので、
気軽に向かったのです。

朝1時半に信楽を出発、前の日結局1時間ほどしか寝れませんでした。

b0142303_1101676.jpg


夜4時出港!

b0142303_1122746.jpg


だんだん夜が明けて行きます。

全員で7人の内僕達3人が素人、船頭さんは優しそうですが、
言葉の荒い感じで、僕達3人はオロオロするばかり。

釣りは魚群探知機を使いながら群れを探し、船頭さんが指示した深さまで仕掛けを沈めます。

底から10Mとか上から40Mとか。

糸に色が付いてあって、(1色20M)その色を目安に、深さまで落とし込みます。

そのうち慣れてきて、魚が上がり始めます。

b0142303_1194375.jpg


僕の釣果は鯛が2匹とアジが4匹、まあまあでしょうか?

しかも撮っていたと思っていた、魚の写真は一枚も無し!

全部美味しく頂きました。


このブログのタイトルは加太港再会。


昔学生の頃魚屋でバイトをしてまして、
その時に大変お世話になった魚屋の大将と15年ぶりに再会しました。

しかも加太港で。

釣りに行く前に、大将に電話したのですが、
今は魚屋を辞めて、車で移動販売をしているとの事で、
週末は加太港で、販売しながら釣り人の魚をさばいてあげたり
しているそうです。

b0142303_1117992.jpg


なんと偶然!

僕も週末加太に行きます。

と言う事で現地でお会いした訳です。


久しぶりの再会にもかかわらず、気さくな物言い。
少し老けたけど、まだまだ元気な大将でした。

その日も中央卸市場で、午前中働いた後、昼から販売に来たそうです。
昔から働き者でした。

ここ数年凄く会いたいなと、大将の連絡先を探していましたが、
やっと出会えてとても嬉しかったです。

不思議な一日でした。
[PR]
by spank01 | 2010-06-14 11:38 | お出かけ日記

あるぴいのの思い出

昨日あるぴいの銀花ギャラリーでの個展最終日でした。

関東方面での個展は初めてで、期間も短かったのですが、
遠方より沢山の方にお越し頂き本当に感謝しております。



さて、


初めての関東の個展でしたが、このギャラリーとの出会いは
井村隆氏」の個展を観に行ったのがきっかけでした。

b0142303_10415170.jpg

一ファンとしてお邪魔しただけでしたので、
まさか自分がこのギャラリーで個展をする事になるとは。
不思議な縁です。

スタッフの方々が作家をサポートしようと言う思いに溢れていて、
とても心強く、ありがたかったです。

一緒にこの5日間を乗り切り、搬出終わりで帰る時は、少し寂しかったです。

b0142303_1042109.jpg


この埼玉の地に一つ思い出の場所が出来た事がとても嬉しく思います。

そしてまた、再開する事を楽しみに、、、
そんな思いで、繋がって行けたら良いですね。
[PR]
by spank01 | 2010-06-08 10:52 | 工房日記

国立科学博物館へ

昨日は一日お休みをもらって、上野の国立科学博物館に行ってきました。
b0142303_14284383.jpg


入口からテンション上がりますね。

b0142303_14301976.jpg


フタバスズキ竜ピー助です。(ドラえもんのび太の恐竜)

当時小学生が骨を発見したそうで、そのエピソードから広がって行ったんでしょうね。

b0142303_1433921.jpg
b0142303_14333546.jpg


運よくツアーガイドの時間が合ったので、
学芸員の方から色々説明してもらいながら回る事が出来ました。

朝9時に入って気がつけばもうお昼。

まだ半分程しか見てないので、ご飯を食べてから続きを見ようと思い、
レストランに行ったのですが凄い人、、、

平日なのに何故?と思ったら、
修学旅行生が団体で占拠してて、とても一般の人の座席が空かない状態。

仕方なくレストランを諦め、アメ横に向かいました。

b0142303_14381847.jpg


生鮮と洋服がごっちゃに売ってる感じは正にアジアですね。

b0142303_14393313.jpg

お馴染チョコレートのたたき売り。

回転すし屋に入ったのですが、とてもマグロが美味しくて。
流石東京、全国からきっと美味しいマグロが集まってるんでしょうね。

ちなみにお土産は思わず買ってしまった「食べるラー油」
中国製の怪しい逸品でした。




そうそう。

上野の駅前からスカイツリーが見えました。

結構離れてるはずなのに?

ちょっと感動でした。
[PR]
by spank01 | 2010-06-05 14:49 | お出かけ日記

銀花ギャラリー初日です

今日から銀花ギャラリー初日です。
b0142303_17313011.jpg

この路地を入った所に
b0142303_1732162.jpg

入り口はこんな感じです。
季節の良い時期、店の前のカフェテラスは何時間でも時間を潰せそう。

b0142303_17335916.jpg

b0142303_17341970.jpg


展示風景です。
思ったよりも広めな店内で、展示も一苦労。
相変わらずディスプレイは苦手です。

b0142303_1736051.jpg


今回の新作の一つ
アクアパッツァをイメージして作りました。

持ち手のデザインは、前のロハスで買ったマドレーヌの型から起こして作りました。

b0142303_17375292.jpg


もう一つは土瓶です。

持ち手のデザインを少し変更。
鉄のパイプに木の取っ手です。

今日から初日でしたが、たくさんのお客さんに来場頂きました。
このギャラリーは年間通じて26の企画展をこなす、パワフルなギャラリーです。

馴染みの方や長年通われている方も沢山来て頂き、改めてこのギャラリーの
ファンが多い事に、驚きました。

5日と短い期間ですが、素敵な出会いが沢山ありそうで、楽しみです。
[PR]
by spank01 | 2010-06-03 17:43 | 催しとお知らせ