ブログトップ

堂本陶工房 日記

domoto01.exblog.jp

<   2008年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

輪花楕円皿 乾燥中!

この間作った石膏型を使った商品です。

b0142303_15523727.jpg


粉引き化粧と言って、白い泥上の土を生の生地に掛けて乾燥させます。

粉引きの由来は、白い磁器物に似せるために、陶土に使ったのが始まりです。

生の土に、掛けるので水分を含んで崩れてしまう事が多いです。

何年やってても難しい作業です。

案の定今回も8個中4個崩れてしまいました。

明日雨やし、ちょっと早いけど大丈夫かな?

なんて考えが甘かったです。
[PR]
by spank01 | 2008-06-27 15:58 | 工房日記

粉引き楕円鉢 大

b0142303_2311187.jpg

[PR]
by spank01 | 2008-06-24 23:20 | うつわの仕事

フリーカップ小

b0142303_23114568.jpg

[PR]
by spank01 | 2008-06-24 23:12 | うつわの仕事

フリーカップ

b0142303_2392780.jpg

[PR]
by spank01 | 2008-06-24 23:09 | うつわの仕事

連絡先

堂本陶工房
MAIL spank@iris.eonet.ne.jp

〒529-1812
滋賀県甲賀市信楽町神山1730

一人でやっていますので、連絡はメールでお願いいたします。
[PR]
by spank01 | 2008-06-24 23:06 | 連絡先

プロフィール

堂本正樹 /Masaki Doumoto

1971年 大阪府生まれ
1994年 大阪芸術大学芸術学部美術学科卒業
1994年 古谷製陶所入社(古谷信男氏に師事)
2007年 信楽にて工房を構える
2008年 10月 ギャラリー 陶夢 個展
2008年 11月 やきものドームワールド出展

              その他企画展など多数
[PR]
by spank01 | 2008-06-24 22:58 | プロフィール

石膏加工

今日は石膏を使って型を作りました。

b0142303_20305676.jpg


陶芸の技法でタタラ成形と言うのがあります。

薄く延ばした粘土を型紙を使って切り出し、石膏で作った型に沿わせて、
お皿などを作る技法です。

この方はそれに使う型です。

石膏を原型に流し、削りだしていきます。

粉は舞うし、手は痛いし地味な作業です。

b0142303_2035039.jpg


途中の写真です。

この仕事をしてると、道具から作業台、作業場に至るまで、多くの物を自作で作ります。

時々自分の仕事が何なのか分からなくなるくらいです。

それでも自分で作る道具の方が使いやすいし、何より売ってないものも多いですから。

色々試しながら素敵な道具が出来た時にはうれしいです。

この石膏型を使った商品、さてさてどんな物が出来るでしょう。


楽しみです。
[PR]
by spank01 | 2008-06-24 20:31 | 工房日記

稲垣元則展

昨日は、久しぶりの大阪。

大学時代の友人の稲垣元則君の個展を観に行って来た。

http://www2.nomart.co.jp/

深江橋と言う場所にある、ノマル・プロジェクトスペースと言う会場です。

彼の作品を観るのは実に15年ぶり、大学を出てから初めてだった。

少し入り組んだ会場で大きく4つに分かれたスペースに、写真、映像、ドローイング
など、色々な表現で稲垣ワールドが展開されていました。

昔のドローイングに比べて、そぎ落とされた分、残った物がとても研ぎ澄まされていて、
ダイレクトに伝わる。

そんな感じでした。

特に画像は、大写しのプロジェクターでとても凄かったです。

印象がいつまでも頭について離れない。


そんな不思議な展示でした。

久しぶりに彼の作品を観て、軸があんまりブレていないと言うか、
表現方法は変わっても、稲垣ワールドがちゃんと表現されている。

とにかく、良かったですよ 稲ちゃん。








写真無しなのもあれなんで、帰りに寄った嫁の実家で撮った姪の写真です。
会うたびに可愛くなっていきますね。将来が本当に楽しみです。
b0142303_9482711.jpg

[PR]
by spank01 | 2008-06-22 09:50 | お出かけ日記

梅雨時期に思う事

b0142303_5591041.jpg

ここ2~3日の豪雨と湿度の影響で、陶器の品物が乾きません。

この仕事は天気とにらめっこ。


作陶は気温と湿度に左右されます。粘土の状態からロクロで引いた品物は、
ベタベタの状態なので、それを半乾きまで乾かして削り、
もう少し乾いたら粉引き化粧、そして完全乾燥後に素焼き、
本焼きと肯定が進みます。

一つ一つ肯定が進むごとに、乾燥させるような感じです。

乾燥具合も色々あって、急乾燥が必要な時もあれば、
じっくりゆっくり乾かす場合もある。
常に硬さを気にしながら、加工に最適な状態に持っていく、
作業の半分は品物の管理なのです。


そんな作業をしながら、ふと感じた事は  昔の陶工は?


土を掘り、精製して練り、ロクロで引き、マキで焼く、
すべてが自然との対話だったんだなと思います。

陶芸とは、自然と対話しながら出来上がって行くものなんだと思えたら、
この湿った天気も まあ仕方ないか と思えてきました。
b0142303_6135465.jpg


知り合いの窯焚きを観に行った事が何回かありますが、
5日ほど眠らず、ただマキを放り込み、火と対話する光景は、
沢山の作業工程の最後に相応しい行為だなと思います。


昔の陶工は今より沢山自然と対話しながら作陶していたんですね。
[PR]
by spank01 | 2008-06-21 06:25 | 工房日記

トムヤムクン

普段から結構エスニックな料理は好きで、
友達の家にお呼ばれした時なんかは、がんばって料理を作るのですが、
日常の家庭料理ではなかなか手の込んだメニューは無理ですよね。
とくに昼飯なんかは最近もっぱら納豆ご飯ばかりです。

ところで、、、


業務用スーパーが大好きで、

行くとかなりの時間うろついてるんですが、

凄い物見つけちゃいました。
じゃじゃ~ん

b0142303_2124279.jpg


トムヤムクンスープの素です。

怪しすぎます。

でも買っちゃいました。

ちなみに450gで198円でした。

安すぎます。

使用方法は、1㍑の水にトムヤンクンスープの素大さじ3杯。
そこに、エビ、豚肉、ねぎ、しいたけ、など好きな野菜を入れ一煮立ちさせたら出来上がりです。

要は味噌汁と同じです。

早速袋メンに大さじ1杯入れて試食。

めっちゃトムヤムクンでした。

インスタントラーメンのチープさと良く合います。

たった198円で何杯作れんねん!

業務用スーパー恐るべしです。

失敗する物もあるけど、好奇心には勝てず、買う事が多々ありますが。

この一品は当たりでしたぜっ。
[PR]
by spank01 | 2008-06-17 21:23